羽生善治九段がA級から陥落 井上慶太九段が明かした二十数年前の仰天エピソード

国内 社会

  • ブックマーク

 国民栄誉賞棋士、羽生善治九段(51、永世七冠資格)が、2月4日に千駄ヶ谷の将棋会館で行われたA級順位戦リーグの8回戦で、永瀬拓矢王座(29)に敗れて6敗目を喫し、2勝6敗となり、B級1組への降級が決まった。羽生は1993年(平成5年)から連続29期、維持してきたA級在位が途切れることになる。(粟野仁雄/ジャーナリスト) ...

記事全文を読む