池袋ホテル殺人事件 パパ活をしていた82歳被害男性はホテル街で“有名人”だった

国内 社会

  • ブックマーク

 1月21日夜、東京・池袋のホテルで男性(82)が刃物で刺されて死亡しているのが見つかった事件で、警視庁は翌22日、藤井遥容疑者(24)を殺人容疑で、小林優介容疑者(29)と弟の小林翔太容疑者(25)を犯人隠避容疑で逮捕した。悲劇が起きた背景には、藤井容疑者を操るようにして“パパ活”させていた兄弟の存在があった。被害男性は、池袋のホテル街でよく姿を見かける“有名人”だったという。

 ***

兄弟の言いなりだった藤井容疑者

 優介・翔太の両容疑者は女性になりすますなどして、パパ活に応じる男性をスマートフォンのアプリで募集していたという。そうして引っかかった客を藤井容疑者にあてがい、日ごろから金儲けをしていた。今回の事件でも兄弟がパパ活の交渉をまとめ、藤井容疑者をホテル近くに向かわせたとみて、警視庁は更に詳しく調べている。

 捜査関係者は「藤井容疑者が路上に立って、近くを通る男性に声をかけていたという報道もあったが、それでは効率が悪くアプリを使うようになったようだ」と語る。

「藤井容疑者は兄弟の言いなりで、パパ活で得た金銭も大半を兄弟に渡していた。藤井容疑者には精神疾患の可能性もあり、今後は精神鑑定などの結果も踏まえ、慎重に捜査を進めていく予定です」

 兄の優介容疑者は取り調べに対し、「藤井容疑者は元交際相手」と供述しているという。

「藤井容疑者には盗癖があったようだ。『カッとなって刺した』と供述している。被害男性と藤井容疑者は21日の午後8時10分ごろ、ホテルにチェックインした。部屋に入り、被害男性がシャワーを浴びていた間、藤井容疑者が財布から現金を盗もうとし、それが見つかってトラブルになったのではないかと見ている。押収した現金の指紋を調べるなどして、慎重に裏付け捜査を続けています」(同・捜査関係者)

次ページ:夜の街で「ちゃん付け」で呼ばれていた被害男性

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]