「Nキャス」降板でビートたけしの黄昏 今度はテレ東「レべチな人、見つけた」が終了へ

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 昨年12月19日、ビートたけし(74)が「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS・土曜・22:00)を今年3月いっぱいで降板することを番組内で発表した。驚いた視聴者も少なくなかったが、これを機に他社も追随する可能性があるという。

 たけしが番組降板について最初に語ったのは、14日配信の「NEWSポストセブン」の記事だった。その翌日には自身の公式サイトで、こう発言していた。

《ただ遅い時間の生放送は身体に応えるから嫌だと言っただけなのに、バカなやつらが確認も取らずに雑誌を売ろうとして悪口を書きやがる。/いつまでも時間があるわけじゃないから、これからは自分がやりたい創作活動に時間を割こうと思っている。/楽しいことをたくさんやっていくので、引き続きよろしくね。》(12月15日付)

 確かに、たけしにとって“生放送”は「Nキャス」だけだった。だが、生放送ではない収録番組も、たけしから撤退するかもしれないと言うのは業界関係者だ。

「TBSが『Nキャス』降板を決めた最大の理由は、たけしさんの高額なギャラであることは間違いありません。それは他局の収録番組であっても、悩みの種であることに変わりはない。来春を目途に、他局もたけしさんから撤退する可能性は高いですね」

 たけしは80年代の漫才ブームの頃から芸能界のトップをひた走ってきた。そのギャラともなれば、テレビ業界ではトップクラスであることは周知の事実である。

「そうはいっても、全盛期のみのもんたさんやとんねるずほどではありませんでした。現在はみのさんもとんねるずも、地上波からはほとんど消えましたからね」

 次はたけしということか。

次ページ:テレ東が追随?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]