認知症予防に「ケトン体」活用食事術とは 「白米の大食」は短命リスクが

ライフ

2021年12月30日

  • ブックマーク

 4年後に患者の数が700万人を超えるといわれる認知症。誰にとっても「ひとごと」とはいえない深刻な病だが、日々の食事内容を少し変えるだけで魔の手から逃れられる可能性があるという。東京工科大学の佐藤拓己教授が提唱する、「ケトン体」活用食事術とは。...

記事全文を読む