邪馬台国はどこにあったのか? 九州? 畿内? 「海の道」をたどると見えてきた、その場所とは

国内 社会

  • ブックマーク

 女王・卑弥呼のいた邪馬台国は、九州にあったのか、それとも畿内にあったのか? 長年論争が続くこの問題に、古事記研究で知られる三浦佑之氏(千葉大学名誉教授)は、その著書『「海の民」の日本神話 古代ヤポネシア表通りをゆく』(新潮選書)の中で、意外な角度から、ある可能性を指摘している――。...

記事全文を読む