東京V「永井秀樹」前監督のパワハラ認定 体調不良の選手を続出させたハラスメントの中身

スポーツ

  • ブックマーク

 Jリーグは12月24日に開かれた会見で、東京ヴェルディ・永井秀樹前監督(50)のハラスメント行為を認定。村井満チェアマン(62)が「クラブに対して罰金100万円及びけん責」の処分を科すことを発表した。デイリー新潮ではこれまで2度に亘り、名門クラブで起きていた永井氏のパワハラについて報じてきた。選手たちが体調不良を訴えるほどだった、その中身とは――。

 ***...

記事全文を読む