【袴田事件と世界一の姉】会見に突如現れた巖さん 弁護団が打った「必勝の王手」とは

  • ブックマーク

 11月22日夕刻、静岡県庁10階の社会部記者室に現れた「袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会」(楳田民夫会長)の山崎俊樹・事務局長が落胆したような顔をした。

「次回は来年の3月14日ですよ。4カ月近く空いてしまった。三者協議は1月には終わってくれると思ったのに」。

 この日の朝、山崎さんは同じ静岡市在住の小川秀世弁護士とともにJR静岡駅から新幹線に乗り込み、先に浜松駅から乗っていた袴田巖さんの姉・ひで子さんと車内で合流し、東京高裁へ向かった。再審開始の可否を審理する4回目の三者協議(東京高裁・弁護団・検察)が開かれたのだ。...

記事全文を読む