反町卒業で次の相棒を探る 女性、ジャニーズは無理の理由 対抗「向井理」なら本命は?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 テレビ朝日の看板シリーズ「相棒」の4代目相棒・冠城亘を演じる反町隆史(47)が、放送中のSeason20最終回をもって卒業することが発表された。15年のSeason14から足かけ7年、歴代相棒で最多の出演回数となった反町だが、自ら卒業を申し出たという。

 ***

 11月24日、スポーツ紙などが“反町「相棒」卒業”を報じた。10月にスタートしたSeason20は3月まで放送される。発表はもう少し後でもよかったのではないか。2代目相棒・神戸尊の及川光博(52)も、3代目相棒・甲斐享の成宮寛貴(39)も、卒業の発表は最終回のひと月前だったのだ。民放プロデューサーは言う。

「やはり特別な事情があったのでしょう。24日の放送は、反町が歴代相棒で最多出演の記録を塗り替える記念の回でしたが、前週11日の放送は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)という近年稀に見る低視聴率でしたからね。起爆剤として、もってこいだったのでしょう」

 24日は、15.0%と持ち直した。

「それでも15%台は、『相棒』では決して高くはありません。初代相棒・亀山薫を寺脇康文(59)が演じていた初期には、平均15%に達しないSeasonもありましたが、最後のSeason7(08~09年)は平均18.1%、及川時代のSeason9(09~10年)は20%超、成宮時代も常に17%台をキープしていましたからね。反町が相棒になったSeason14(15~16年)から平均15%になっています。特に今期は、15%に達したのは2話だけですから、制作サイドからそろそろ交代という声も上がっていたのでしょう」

次ページ:若返りが必要

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]