反町卒業で次の相棒を探る 女性、ジャニーズは無理の理由 対抗「向井理」なら本命は?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

次期相棒候補とは

 やはり男性か。

「ネット上では田中圭という声もあるようですが、彼も準レギュラーでサイバー犯罪対策課の巡査部長・岩槻彬(いわつき・あきら)として出演していたことがあります。同様に高橋一生もかつて犯罪者役の安斉直太郎(あんざい・なおたろう)として出演し、のちに殺害されています。渡辺大は劇場版IIIに自衛隊員の多賀周治(たが・しゅうじ)役で出演しました」

 以前から稲垣吾郎(47)の名がよく挙がっている。

「最初に名前が挙がったのは、SMAP解散報道の頃でした。実際にどこまで話が進んでいたのかわかりませんが、彼がジャニーズ事務所を退所したことでうやむやになってしまいました。現在47歳と反町と一緒ですから、若返りにならないところがネックです。また、現役ジャニーズの永瀬廉や松村北斗を推す声もあるようですが、彼らにはライブ活動がありますからね。実際、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)の松村は早々に戦死してしまったほどで、2クールドラマはスケジュール的に不可能でしょう」

 となると……。

「本命は速水もこみち(37)、対抗に向井理(39)といったところでしょうか。やはり奥様方の視聴者目線も重要ですから」

 彼らはまだ出演したことはないようだ。さらに若手となると、

「間宮祥太朗(28)、吉沢亮(27)、新田真剣佑(25)などは右京さんと組ませたら面白くなるかもしれません」

 孫と行動を共にするようで、年の差を余計に感じてしまうかもしれない。

「ならば相棒の法則も無視して、女性でもセクハラ・パワハラも気にしない、“科捜研”をやめることになったばかりの榊マリコこと沢口靖子(56)はどうでしょうか」

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]