コロナ禍で医療機関を狙い撃ちにするランサムウェア攻撃

国際

2021年11月30日

  • ブックマーク

ランサムウェア攻撃が引き金となった死亡例

 2019年7月に米南部アラバマ州のスプリングヒル医療センターで起きた事例は、ランサムウェア攻撃が引き金となった死亡例として初めて裁判で認定される可能性がある。

 臍の緒が首に絡まった状態で女の赤ちゃんが産まれ、脳に損傷が発生し、緊急治療が必要となったが、医療センターはランサムウェア攻撃を受けた直後だった。そのため、赤ちゃんの検査や治療に不可欠な心拍モニタリング装置や医療スタッフの位置把握装置などITシステムがダウンしていたのである。...

記事全文を読む