【政治家の黒歴史03】銀座3兄弟と呼ばれて…「松本純元大臣」らの緊急事態宣言中の「クラブはしご」とウソ

国内 政治

  • ブックマーク

麻生氏行くところマツジュンあり

 10月31日投開票の衆院選で各候補者が訴える立派な公約。それとは別に、それぞれの人柄や歴史を知っておくのは有権者にとっては大切なことだろう。もっとも、その歴史の中には本人は消し去りたいものも多いのだが……。政治家のスキャンダルを振り返る第3回は、銀座3兄弟という嬉しくないニックネームをいただいた3人の国会議員を取り上げる。問題の行動があったのは、政府が国民、飲食店に外出自粛や時短営業を要請し、罰則の法制化まで急いでいた2021年1月のことだ。

(※週刊新潮2021. 02.04、02.11号に加筆し、修正しました。年齢・肩書等などは当時のママです)

 ***

 永田町界隈では“マツジュン”の呼び名で通る自民党の松本純・元国家公安委員長(70)は、麻生太郎副総理兼財務相(80)の最側近として知られている。例えば昨年12月4日夜、麻生氏が東京・赤坂の日本料理店で自民党の二階俊博幹事長と会食した際にも同席。麻生氏行くところマツジュンありだ。

 現在は自民党の国会対策委員長代理、すなわち国対ナンバー2の地位にある松本氏。薬剤師の資格を持っており、横浜市議を経て1996年に神奈川1区から衆院選に出馬して初当選を果たしている。この時に隣の神奈川2区から出馬して初当選したのが菅義偉総理である。

「20時までの営業時間の短縮」演説の当日

 2008年に麻生政権が誕生すると官房副長官に就任し、16年、第3次安倍第2次改造内閣で念願の初入閣と相成った。そんな松本氏について、

「彼の飲み方に眉をひそめている人もいます」

 と、永田町関係者。

「ある時など麻生さんと帝国ホテルのバーで飲んで、深夜2時頃に横浜市の自宅に帰った後、帰りを待っていた番記者を引き連れて居酒屋で3時とか4時まで飲んでいたといいます。場の空気が盛り上がると、参加している人が一気飲みをさせられることもあり、酒があまり好きではない記者からは敬遠されています」

 さらに、昨年11月には、

「銀座で自民党の国対のメンバーとの飲み会があったらしいのですが、ひどいドンチャン騒ぎをやって周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買っていたそうです」(同)

菅総理にとって初めてとなる通常国会が召集された1月18日。総理は「国民の皆様には再び制約のある生活をお願いせざるを得ず、大変申し訳なく思います」「飲食店について、20時までの営業時間の短縮を徹底します」と施政方針演説で述べた。

まさにその日、永田町を後にした松本氏の公用車が向かったのは、東京・中央区内にあるイタリア料理店だった。車を降りた松本氏が店に入ったのは午後6時5分頃だったが、店の入り口には「CLOSED」の札が。表向きは休業しているように装いながら、実は客をとっている、いわゆる「闇営業」だろうか。

次ページ:麻生さんもしょっちゅう通うように

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]