まさかの戦力外通告…まずまずの成績を残したのに“クビ”になった3人の男たち

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「来季は契約を結ばない」

 シーズン終盤を迎えたプロ野球だが、全日程が終了していない時点で戦力外通告を受けた選手も多数にのぼっている。2軍暮らしが長い選手は、ある程度、心の準備ができているだろうが、過去には、1軍で、まずまずの成績を残しながら、シーズン後にまさかの戦力外通告を受けた選手がいた。野球人生が暗転した3選手とは……。

 規定打席に到達したにもかかわらず、異例の戦力外通告を受けたのが、2010年の楽天・中村紀洋である。この年の中村は129試合に出場し、打率.266、13本塁打、64打点。主砲としては物足りないが、けっしてクビになるほどの成績ではなかった。

 ところが、シーズン終了直後、中村は小坂誠や憲史とともに、球団側から「来季は契約を結ばない」と通告されてしまう。37歳の年齢に加え、シーズン終盤に右太もも肉離れで離脱するなど、1億5000万円(推定)の年俸に見合わないという判断からだった。

 また、中村は8月にチームの決起集会が開かれた際に、選手会長の岩隈久志に「早く終わらせろ」と注文をつけるなど、チームの和を乱したとする報道もあり、早い段階で来季の構想から外れていたといわれる。

決め手は被災地に6500枚の毛布

 現役続行を希望する中村は、他球団からのオファーを待ちながら、西宮市のバッティングセンターで、自主トレをスタート。06年オフにオリックスを自由契約になったとき以来、2度目の浪人生活だった。

“孤独の練習”は半年以上も続き、シーズン開幕後もNPBのどの球団からも声がかからない。だが、「半分あきらめていた」矢先の11年5月22日、横浜・加地隆雄球団社長から「野球をやらないか」と誘われた。まさに捨てる神あれば拾う神ありだった。

 獲得の決め手となったのは、中村が「少しでも助けになれば」と東日本大震災の被災地に6500枚の毛布を送ったことだった。震災から1週間後の迅速な行動に感銘を受けた加地社長は、一部フロントからの反対の声を押し切り、「和を乱すなよ」と釘を刺して、中村を入団させた。

「必ず恩返しします」と誓った中村は、DeNA時代の13年に通算2000本安打を達成したが、トラブルメーカーぶりは相変わらずで、翌年チーム方針に従わない言動が原因で、3度目の自由契約となった。

次ページ:ブログで「正直ビックリしました」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]