「財務次官」異例の寄稿 なぜ今だったのか? その狙いは何だったのか?

国内 政治 2021年10月14日掲載

  • ブックマーク

タイトルは「このままでは国家財政は破綻する」

 財務省の矢野康治次官(58)が月刊誌「文藝春秋」11月号で、与野党の経済対策などの論争について、「バラマキ合戦」と寄稿したことが物議を醸している。事務方トップがこのタイミングで、どんな狙いで寄稿したのか。異例発信の真意に迫る。...

記事全文を読む