「在宅勤務で常にイヤホン」そのリスク ヒトの進化はイヤホンの登場を想定していない

国内 社会 2021年10月10日掲載

  • ブックマーク

 リモートワークが増え、テレビ電話で会議が続き、一日中イヤホンを着けっぱなしという人が増えている。しかし、木の上で生活していたヒトの祖先が地上に降り、完全に二足歩行に移行して以来、現生人類の肉体はそれほど変化していないとされている。ほとんどのテクノロジーはヒトの進化が想定していないものなのだ。まして大きな音を鼓膜近くで鳴らすイヤホンなどは、耳に健康被害をもたらす可能性があるのだ。

 在イギリスのノンフィクション・ライターであるビル・ブライソンは著書『人体大全―なぜ生まれ、死ぬその日まで無意識に動き続けられるのか―』(桐谷知未訳)で、多くの医者や専門家に取材し、人の聴覚を司る耳の構造の精密さを解説しつつ、こう警鐘を鳴らす。...

記事全文を読む