ついにメスが入った日大事業部の闇 ターゲットはアメフト“危険タックル問題”で暗躍の理事

国内 社会 2021年9月19日掲載

  • ブックマーク

 日本大学の本部および田中英壽理事長宅、それに日大が100%出資している株式会社日本大学事業部など数ヵ所に東京地検特捜部の家宅捜査が入った。日大板橋病院の建て替えに関わる背任容疑だと言う。これに関与したとみられる日大A理事(現段階では氏名非公表)の自宅(兵庫県芦屋市)にも捜査が入ったと聞けば、3年前、世間を騒がせた「日大アメフト危険タックル問題」が思い出される。今回の事件でもキーマンと見られる人物は、危険タックル問題の時にも暗躍した理事である。

 ***...

記事全文を読む