「長嶋茂雄」「王貞治」に「星野仙一」…最大の名誉“永久欠番”にはドラマがある!

スポーツ 野球 2020年6月5日掲載

  • ブックマーク

 プロ野球ファンなら「3」といえば長嶋茂雄を、「51」ならイチローを思い浮かべるに違いない。プロ野球選手にとって背番号はもう1つの「顔」といえる大事なシンボルだ。その背番号に関して、各チームにはそれぞれのチームに大きな功績を残した選手、偉大な記録を達成した選手の栄誉を永く称えることを目的とした「永久欠番」がある。その対象となった選手が現役を引退後、監督またはコーチとして復帰した場合に再び付けることはあるが、当該選手以外が付けることはない。まさに名誉の背番号だ。...

記事全文を読む