河村市長と張本氏の謝罪はどこが間違っていたのか? 危機管理の専門家が指摘

国内 社会 2021年8月19日掲載

  • ブックマーク

許されない謝罪の6類型

 失言や問題行動が批判されて、当事者や関係者が謝罪するというのはもはや毎週どこかで見られる光景である。その際の謝罪がきちんとしていれば騒動はある程度収まるが、ここで失敗するとさらに批判が強まるということになる。

 直近の「失敗例」として挙げられるのは、「金メダル噛み」及びその際の発言が問題となった河村たかし名古屋市長と、女子ボクシングへの侮蔑的な発言が問題になった張本勲氏だろう。

 危機管理コンサルタントの田中優介氏(株式会社リスク・ヘッジ代表取締役社長)は、著書『地雷を踏むな』の中で、「許されない謝罪」を以下の6つに分類している。...

記事全文を読む