TBSサンデーモーニング「女性選手差別」への抗議問題 元々ナゾだった「張本氏」の存在

エンタメ

  • ブックマーク

スポンサーから物言いがつけば

 そして、こんな風に続く。

《私は岸先生(信介元首相/安部氏の祖父)を尊敬しておりました。(中略)いやー、それはもう偉大な方でした。その孫である晋三さんも実に立派ですよ。私は歴代総理大臣にほとんど全員会っていますが、安倍晋三さんは間違いなくトップクラスですね。「安倍一強」の何が悪いんですか。彼に日本を守ってもらって、一年でも長く総理大臣をやってもらって次にバトンタッチしてほしい。日本をより良くして後世に受け継いでいく。この責任は我々にあるんです。我々も、先輩方にそのようにしていただいたんですから》

 MCの関口宏氏やレギュラー出演する青木理氏が聞いたら、卒倒しそうな礼讃コメントが続いている。

「はい、そういう方なんですよねぇ。それはともかくとして、張本さんの発言のほとんどは、直後にスポーツ紙などがネットに流しますよね。コンプラやポリコレが重視される時代において、それに逆行するような発言が多いということの表れだと思います。これまでは舌禍であってもそう長引くことはありませんでしたが、今回は抗議という形で注目を浴びてしまったので、番組のキャラと合っていないことと相まって、“そろそろご勇退されては”という声が上がってくることも十分想定されるでしょう」(先の記者)

 さらに、番組の存続問題にも触れて、

「サンデーモーニングは1987年から続いている超長寿番組で、マイナーチェンジを繰り返してはいるものの、設定や作り方は変わっていません。高視聴率とはいえハコとして古くなっているのは間違いない。関口宏さんに局側が何も言えないわけではないですが、例えばスポンサーから今回の件と絡めて物言いが付いたりすると、存続の問題も浮上するかもしれません」

デイリー新潮取材班

2021年8月15日掲載

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]