度数1%未満「微アルコール」ブームが到来 各社が次々に新商品を発売、健康志向を意識か

国内 社会 週刊新潮 2021年7月29日号掲載

  • ブックマーク

 缶チューハイはアルコール度7%、9%と濃い目がトレンドだが、ビール各社からは度数1%未満の「微アルコール」が相次いで登場。

 先鞭をつけたアサヒビールは、3月から度数0・5%の「ビアリー」を、6月には第2弾の「ビアリー 香るクラフト」を発売。9月にはハイボールで度数0・5%の「ハイボリー」も出す予定だ。他方、サッポロビールは度数0・7%の「ザ・ドラフティ」を9月に売り出すという。...

記事全文を読む