「小山田圭吾」最大の疑問 当時24歳の立派な大人がなぜ平然とイジメ自慢をしたのか?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

「心温まる話」と豪語も

 イギリスのBBC(電子・日本語版)は7月20日、「【東京五輪・パラ】開会式担当の小山田圭吾氏、過去のいじめで辞任」の記事を配信した。

 ***

 小山田圭吾(52)は東京オリンピック・パラリンピックの開会式で、作曲を担当していた。だが、記事が配信された前日の19日、辞任を発表した。

 理由をBBCは《過去に雑誌のインタビュー記事で、いじめをしたことを自慢げに語り、まったく後悔していないと述べていたことが最近、表面化した》と報じた。

《小山田氏は謝罪したが、世論の激しい怒りが辞任へと追い込んだ》と解説、《今回の騒動は、大会にとって新たな失態となった》と指摘した。

 小山田の問題発言が掲載された雑誌は、これまでのところ4誌が明らかになっている。それぞれの内容を簡単にご紹介しよう。

【月刊カドカワ(1991年9月号)】
・幼稚園の思い出として《ちょっと知恵遅れの子がいて、クレヨンを投げまくって先生にひっぱたかれていたのを思い出す》と発言
・小学生で同級生に嫌がらせをしたと回顧。「小山田君の嫌なこと」という作文で抗議されたため、《小学校人生全部をかけて復讐した(笑)》と語った

ガン患者にも「(笑)」

【ロッキン・オン・ジャパン(1994年1月号)】
・障害者の同級生に対する“いじめ”を告白
・掃除のロッカーに閉じ込め、泣き叫ぶのでロッカーを蹴った
・修学旅行の時、全裸にしてヒモでぐるぐる巻きにして、自慰行為を強制した
・排せつ物を食べさせ、バックドロップをした
・下半身を裸にして、女子生徒に見られるようにした

【クイック・ジャパン(第3号=1995年8月発行】
・《ダウン症の人ってみんな同じ顔じゃないですか?》の発言が収録
・本人が「朝鮮人」と説明した男性に対するいじめも告白
・記事の担当者が、いじめの被害者に連絡を取り、小山田との対談を提案

【月刊ギグス(1996年2月号)】
・入院した際、病室で友人と一緒にギターを弾いて夜遅くまで騒いでいた
・《癌の末期患者の人とかの呻き声が『ウーッ』とかって聞こえて来る(笑)》
・《夜中に『ピー!』とかって音が反応するの(笑)。それで『ああ、今日もまたひとり死んだ』とか言って(笑)。『夜中にあんたたちがギター弾いているからだ』って看護婦さんに怒られた(笑)》
・上記のエピソードを自ら《心暖まる話だよね》と発言

「ゲミュートローゼ」

 必要最小限な引用にとどめたが、それでも不快に感じた人は少なくないだろう。なぜ、こんな下劣な思い出話を、滔々とメディアの前で語ったのか。

 小沢健二(53)らと共に活動した「フリッパーズ・ギター」がファーストアルバムをリリースしたのは1989年。当時、小山田は20歳だった。

 ロッキン・オンの記事掲載時は24歳だったと見られる。人間、誰しも過ちを犯すものではある。高校生が自分の武勇伝として語るなら、若気の至りということもあろう。

 だが、20歳をとうに過ぎた立派な大人が得意気に喋っていたことに、何よりも驚いた方も少なくないはずだ。これは一体、どういうことなのか。

 まず小山田圭吾という人物は、どのような人間像の持ち主なのか、精神科医の片田珠美氏に取材を依頼した。

「雑誌に掲載された発言から、当時の小山田さんが大人になっていないことが窺えます。謝罪文にもありましたが、まさに『未熟』でした。さらに、他人が苦しむのを見て快感を覚えるサディストだと考えられますし、『ゲミュートローゼ(情性欠如者)』の可能性もあります。『ゲミュート』は思いやりや良心、同情や憐憫の情などを意味するドイツ語で、ドイツの精神科医クルト・シュナイダー(1887〜1967)は、このような高等感情が欠如した人間を『ゲミュートローゼ』と名づけたのです」

珍しくないタイプ

「ゲミュートローゼ」には、どんな特徴が認められるのか。

「『ゲミュートローゼ』は他人に対して陰険で残忍なことを平気でしますが、罪悪感は一切覚えないし、反省も後悔もしません。小山田さんが行ったいじめ行為は相当に残虐で悪質なのに、彼の発言から罪の意識を読み取ることが難しいのは、こうした人間性に起因すると思われます」(同・片田氏)

「サディスト」や「ゲミュートローゼ」という専門用語を耳にすると、小山田が特殊な人間かと思ってしまう向きもあるだろう。だが、片田氏は「こういうタイプは、決して珍しくありません」と指摘する。

「例えば妻の家事のあら探しをし、些細なことで延々と3時間も4時間も説教する夫がいます。『モラハラ』と呼ばれることもありますが、夫は妻に精神的苦痛を与えて喜んでいるように見えるので、サディストと呼んでも差し支えないでしょう。見逃せないのは、『ゲミュートローゼ』が、功成り名を遂げた実業家や政治家などの社会的成功者にも少なくないことです。取引先の信頼が厚い辣腕の社長が、部下には非常に冷酷。パワハラは日常的で、何かあれば問答無用でリストラ、周囲から批判されても全く心を痛めない。こんなことはよくあると思います」

次ページ:芸術家は大悪人!?

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]