「天皇陛下は五輪懸念」と言わないとダメなところまで宮内庁長官が追い詰められたワケ

国内 社会 2021年6月29日掲載

  • ブックマーク

“陛下はそうお考えではないか”と

 東京五輪・パラリンピックの開催の是非は国論を二分してきたが、6月24日、宮内庁の西村泰彦長官が定例会見で、「天皇陛下が新型コロナウイルス感染拡大について懸念されている」と言及し、議論に拍車がかかった格好だ。西村長官の発言に至るまでの水面下の動きについてレポートする。

 まずは、会見での該当部分について紹介しておこう(6月24日付朝日新聞デジタルより)。

――オリンピックの開会式が近づいてきたが、関係機関との調整状況など、長官のお考えを。

「オリンピックを巡る情勢としまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配しておられます。国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察しています。私としましては、陛下が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックで、感染が拡大するような事態にならないよう組織委員会をはじめ関係機関が連携して感染防止に万全を期していただきたい、そのように考えています」

――陛下が、五輪が感染拡大のきっかけになるのを懸念されているというのは長官の拝察ということか?

「拝察です。日々陛下とお接しする中で私が肌感覚として受け止めているということです」

――仮に拝察でも長官の発言としてオン(ザ・レコード=公開を前提にしたもの)だから、報道されれば影響あると思うが、発信していいのか。

「はい。オンだと認識しています。私はそう拝察し、感染防止のための対策を関係機関が徹底してもらいたいと」

――これは陛下のお気持ちと、受け止めて間違いない?

「私の受けとり方ですから。陛下はそうお考えではないかと、私は思っています。ただ陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはありません。そこは誤解ないようにお願いします」

官邸には事前に伝えていた

 この西村発言を聞いた直後、宮内庁担当記者はこう感じたという。

「とても驚きました。拝察という形を取っているとはいえ、政府が進めているものを陛下が心配されているというわけですからね。西村長官はとても慎重な方でそのような物言いをするはずがないと思っていましたし、裏返すと、そこまで言わないといけないところまで来ているのか、陛下の思いは大変なものかもしれない、と感じました」

 西村発言を受けて菅首相、加藤官房長官、丸川五輪相ら閣僚は異口同音に、「長官ご自身の考えを述べられたと承知している」などと語り、“火消し”に走った格好だ。

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]