巨人、山口俊の“古巣復帰”は独走阪神を追撃する好材料となるか?

スポーツ 野球

  • ブックマーク

チーム事情は二の次という“お家芸”

 それ以上に、山口の加入によって、中堅や若手選手の抜擢に蓋をしてしまう可能性が高いという問題もある。山口を先発で起用すれば、現在ローテーションに入っている戸郷や高橋、今村、横川といった選手がはじき出される。また、山口が調整のために二軍で登板すれば、現在、結果を残している若手の出場機会が減少してしまうだろう。

 ただでさえ、FAで獲得した井納翔一が一軍の戦力になっていない状況だ。マイナーリーグで全く結果を残せなかった山口が加入すれば、今がチャンスだと感じていた選手のモチベーションにも影響することになりかねない。

 そう考えると、山口の加入は小さなプラスどころか、逆にマイナスに働く恐れがある。

 大物選手がFA宣言すれば、チーム事情は二の次で手を挙げて、獲得に乗り出すというのが巨人の“お家芸”ではある。だが、あらゆるポジションで世代交代と新陳代謝が必要な状況であえて“古い血”を再び入れる補強戦略は、大きなリスクだ。

 あらゆる“雑音”をかき消すほどのピッチングを山口が見せれば、そんな心配も杞憂に終わるだろうが、復活の兆しが全く見られなければ、首位阪神との差はますます広がりかねない。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年6月13日掲載

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]