田淵、岡田、高山……阪神「大卒ドラ1」で考える「佐藤輝明」が今年目指すべき数字

スポーツ 野球 2021年4月28日掲載

  • ブックマーク

 阪神タイガースのゴールデンルーキー・佐藤輝明の奮闘が続いている。4月27日現在で全試合に出場、打率は2割5分ながら18打点、7本塁打をマークしている。この7本というのは、ドラフト制後の新人で4月までの最多本塁打(2003年の横浜ベイスターズ・村田修一が記録)に並ぶ状況なのだ。...

記事全文を読む