「立川ホテル男女殺傷事件」逮捕の19歳少年は風俗嬢と「無理心中」しようとしていた

国内 社会 2021年6月2日掲載

  • ブックマーク

 東京都立川市のホテル内で起きた殺傷事件で19歳少年が逮捕された。少年は取り調べに「ネットで人を殺害している動画を見て刺激を受けた。風俗嬢と無理心中をしようと思った」と供述しているという。

 ***

二人は面識がなかった

 事件が発生したのは6月1日、午後3時45分ころ。東京都立川市のホテル内から「刺された。助けて。死にたくない」という男性からの119番通報が入った。警察と救急が急行すると、ホテルの廊下に倒れている男性(25)と、近くの室内のベッドの脇に、半裸の状態で倒れている女性(31)が発見された。

「女性は派遣型風俗店に勤務する風俗嬢だった。少年は被害女性とは面識がまったくなく、客として女性を指名して予約したと供述している。どうやら、女性と無理心中をしようと考えていたらしく、室内でトラブルになった。少年は無理心中の模様を携帯で撮影しようとし話しており、それに気づいた女性とトラブルになったとのこと。被害女性は包丁で胸を中心に70カ所刺されており、警察が駆けつけていた時には瀕死の状況で、搬送先の病院で死亡が確認されました」(警視庁関係者)

 もう一人の被害者である男性は女性が勤務する店の従業員だった。

「室内でトラブルになった女性は『盗撮されている』と店に電話を入れた。SOSを受けた店の男性従業員がホテルに駆けつけたところ、少年と鉢合わせ、包丁で突き刺された。当初重体と伝えられた男性は、山は越えたということですが、腹部を深く突き刺されているので予断を許さない状況にあります」(同)

少年は「ちょっと暗い陰がある感じの子」

 少年はその後、ホテルの廊下に包丁を刺して逃走したが、防犯カメラのリレーにより、JR拝島駅まで電車で向かった後、原付バイクに乗って行方をくらましたことが分かっている。事件翌日の2日午前、羽村市内をバイクに乗っているところを捜査員に発見された。任意同行され、その後犯行を認めたため、男性への殺人未遂容疑で逮捕となった。

 少年が住んでいたあきる野市内の二階建て庭付きの一軒家は明かりが灯っているものの、インターフォンを押したが反応はない。近隣住民によると、

「ニュースを見て、あの家にいつも停まっていたバイクだと気付きました。バイクは手で塗ったみたいな汚い塗装がされており、以前からオイルが漏れていました。この家には両親と息子と、もう一人姉か妹が住んでいます。特に近隣トラブルはないです。息子の姿は最近はあまり見かけません」

 別の住民も驚きながらこう語る。

「一家は20年くらい前からここに住んでいます。お父さんはタクシー運転手。息子さんは体が細くて、ちょっと暗い陰がある感じの子でしたね。お父さんもお母さんも気さくな方でよく話す方。喧嘩の声など聞こえてきたことはありません」

 少年はなぜ面識もない風俗嬢と無理心中を図ろうとしたのだろうか。動機の解明が待たれる。

デイリー新潮取材班