BTSメンバーのタトゥーに日本人ファンが反対署名……専門家に聞く“韓国タトゥー事情”

エンタメ 芸能 2021年4月27日掲載

  • ブックマーク

韓国アイドルのタトゥーは珍しくない

 BTSファンを二分することになったジョングクのタトゥー問題。だが、実を言うと、タトゥーを入れている韓流アイドルは珍しくないという。BTSの中でも、ジミン(25)は手首や上腕にタトゥーを入れていることが知られている。他には、元東方神起メンバーのユチョン(34)とジェジュン(35)や、女性アイドルグループTWICEのメンバーのチェヨン(22)などもタトゥーを入れている。今回に限って大きな騒動になったというのは、BTSファンが日本にも多数いることの証かもしれない。

「韓国でも、少し前まではタトゥーへのマイナスのイメージは強く、日本とほとんど同じレベルでした。今でも世代によっては否定的な考えを持つ人がいますが、若い世代を中心にその意識は変わってきています。メイクやファッションと同様に、自分を表現する方法のひとつだと考えられているようです。韓国の若手芸能人のうち、1割ほどがタトゥーを入れているという話もあるほどです。タトゥーを入れるK-POPアイドルもたくさんいますが、タトゥーが見えることに反対する署名運動というのは、これまで聞いたことがありません」(同)

繊細でオシャレなコリアンスタイル

 現在、韓国のタトゥー市場規模は、1兆ウォン(およそ944億円)に迫るともいわれており、タトゥーアーティストの数は約7万人との報道もある。対して日本のタトゥーアーティストの数は3000人から4000人ほどと推定されている。日本の人口が韓国の約2.5倍ということを考えると、韓国でいかにタトゥー文化が浸透しているかが分かるだろう。女性のタトゥーアーティストの活躍が増えていることも特徴で、インスタグラムでの発信も盛んだという。

「線が細い繊細なデザインが、コリアンスタイルのタトゥーの特徴です。様々な文化がミックスされて生まれた韓国らしいデザインがカジュアルでオシャレだと、ここ10年ほどで急速に人気になりました。インスタグラムなどでタトゥーアーティストを見つけて、韓国旅行の際に施術するという日本人も増えています」(同)

 日本とちがい、韓国ではタトゥーを理由に入浴施設などへの入場が制限されることはなく、タトゥーを露出していても日常生活に不便はないというから、日韓のタトゥー事情はずいぶんうようだ。

次ページ:行き過ぎた行為

前へ 1 2 3 次へ

[2/3ページ]