「さらば青春の光」東ブクロ、別の恋人も中絶させていた 「本当は産みたかった…」7年交際した女性の悲痛な告白

エンタメ 芸能 2021年4月26日掲載

  • ブックマーク

「もう私には子供を産む権利がないんじゃないかなって…」

 その後も、Bさんと東ブクロは約3年間交際を続けた。なぜ中絶を迫られた時に別れなかったのか。

「中絶してから彼とはギクシャクしてしまい、会う回数は減っていきました。彼に対する気持ちは冷めていきましたが、中絶までしてしまった以上、彼に責任を取ってほしいという執着心があったんでしょうね。何度か彼に別れ話をしましたが、その度に『もう会えなくなるのは嫌だ』と言われ、ズルズルと付き合い続けてしまいました」

 7年間の交際期間中、東ブクロには常に女性の影があったという。

「遠距離恋愛なのでマメに連絡を取るようにしていたのですが、夜になると連絡が取れないことが多々ありました。他にも、私が関西から彼に会いに行くとき、 『後輩と住んでいるから泊められない』と一度も家にすら上げてくれず、ずっと不審に思っていました。これは別れた後になって知ったことですが、そのとき彼は後輩と住んでいたのではなく、別の女性と同棲していたんです」

 Bさんが東ブクロと別れてから1年半が経つが、子供を中絶してしまった事実は今も彼女の心に深い影を落としているという。彼女は、涙を流しながらこう語った。

「彼との子供を中絶してしまったので、もう私には結婚したり、他の人の子供を産む権利がないんじゃないかなって……。新しく恋人や夫になる人に、中絶の事実を隠すつもりはないですけど、打ち明けたとしても受け入れてくれるかどうか分かりませんし。テレビを見ていて彼が出てくると、どうしても辛い気持ちがこみあげてきて、チャンネルを変えてしまいます」

 そんなBさんは、先日の報道を見てどのように感じたのか。

「彼が私とのことで何も反省していなかったことが改めて分かり、どうしても許せない気持ちになりました。謝罪の言葉も全て嘘だったのかと。今まで辛い気持ちは自分の胸の内にしまっていましたが、彼には本当に反省してほしいと思っています」

「そ、そ、それはどちらからですか?」

 当の東ブクロ本人に話を聞いた。

――Bさんという女性と12年から19年まで交際していた?

「そんな最近までは付き合ってないですが、過去に付き合っていました」

――16年にBさんが妊娠し、中絶手術を受けたと聞いています。

「はい? そ、そ、それはどちらから(の情報)ですか?」

――Bさんご本人から聞いています。中絶の事実は?

「プライベートなことなんで、すいません」

 と、こちらの質問に正面から回答することはなかった。

 一度ならず二度までも交際女性たちの人生を狂わせた東ブクロ。彼はこれからどのように責任を取っていくのだろうか。