51歳「元AV男優」がウーバーの配達員に 本人が語る「肉体的変化」と「不安」

国内 社会

  • ブックマーク

 全国で約10万人の配達員を抱えるウーバーイーツ。コロナ禍によるフードデリバリーの需要増に伴い、登録配達員の数も飛躍的に伸びた。一部では交通マナーの悪さや危険運転の横行が問題視されていたが、ウーバーイーツが「パートナー」と呼ぶ配達員の仕事はコロナ禍で収入を失った人たちのセーフティネットでもあった。現在51歳の配達員は、元AV男優という異色の経歴の持ち主である。本人に話を聞いた。

 ***

「報酬体系の見直しで、配達員の報酬が3割下落するなんていうニュースが3月頭に報じられました。今のところ福岡県や京都府などのごく一部の地域だそうですが、東京の配達員はみな戦々恐々としていますよ。自分の場合は週あたりの報酬は4万円から6万円といったところで、ここから3割カットされたら頭を抱えちゃいますよ。それでも他に仕事がないのでやるしかないんですけどね」

 こう話すのはウーバーイーツの配達員の仕事で生計を立てているAさん。かつてAV業界で有名男優として活躍し、CS放送のバラエティ番組で人気芸人と共演したこともある。だが、40代後半を過ぎて衰える体力や将来に不安を覚え、数年前に引退を決意。その後、営業販売の職に就き、最後に勤めた会社では正社員に登用されたが、新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受けて1年も経たずに解雇となり、無収入となってしまった。

「ウーバーの仕事を本格的に始めたのは今年の1月です。コロナの影響で会社をクビになったのは昨年の8月。以降は失業保険で暮らしていました。通常、給付期間は3カ月(90日間)ですが、コロナで2カ月間延長になったのは有難かったですね。このご時世ではなかなか働き口もありませんから」

 そんなAさんがウーバーイーツの仕事を始めたのは、自転車を趣味にしていたことと、もうひとつ理由があった。

「じつは1年以上前、ウーバーの講習会に足を運んで登録だけは済ませていたんです。でも実際に働いた経験はなく、バッグも押し入れにしまったまま。そこでバッグを引っ張り出して、パートナーとして働き始めたのですが、最初はまったく稼げませんでした。1日10時間以上、週7日みっちりやって4万円に届かなかったこともあります」

 Aさんによると、ウーバー配達員が手にする基本報酬は、受け取り料金と受け渡し料金、そして受け取り先から配達先までの距離に応じた“距離報酬”の3つを足したもの。この基本配達料からサービス料10%が差し引かれ、客からのチップやクエスト達成のボーナスなどが加算される。

「先日、深夜1時過ぎに自宅がある東京都の杉並区から新宿区までフードを運んだのですが、受け取りと受け渡しで390円。距離報酬はおよそ4キロで236円でした。もちろん、深夜の割増などはなく、新宿から杉並までの復路は無報酬です。サービス料を引いたら563円。寒空の下で1時間以上、自転車を走らせてこの金額です」

 Aさんには「元AV男優」という経歴がある。このキャリアが思わぬ副収入をもたらすことがあるという。

「自分の場合、配達先がわかった時点で依頼主の方にメッセージを入れるんです。スムーズに届けられるよう、建物の特徴や部屋番号を念のため教えてくださいという内容ですが、そこに『以前は〇〇〇〇の名前で男優をしておりました』と、男優時代の芸名を入れるんです。すると、ごく一部ですが、私のことを覚えてくれている人たちもいて、チップをはずんでくれるんですよ。『よく見てました。頑張ってください』と励まされたこともあります。いつもは100円とか200円ですが、400円以上のチップをもらったこともあります」

次ページ:杉並から川崎まで配達、肉体に変化が…!

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]