空手・植草歩選手のパワハラ騒動、香川強化委員長が辞意を表明 週刊新潮に胸中を語る

スポーツ 週刊新潮 2021年4月15日号掲載

  • ブックマーク

「陰ながら応援しています」

 空手女子組手61キロ超級で東京五輪に出場予定の植草歩選手(28)=JAL=がパワハラを告発した問題を受け、香川政夫選手強化委員長(65)は全日本空手道連盟(全空連)に辞意を伝えた。そんな中、香川氏が本誌に語った複雑な胸中とは――。

 ***

〈昨日4月6日、公益財団法人全日本空手道連盟(以下全空連)の選手強化委員会委員長と理事の役職を辞する意思を、全空連に伝えましたことをご報告いたします〉

〈4か月後のオリンピック本番で、植草選手が存分に実力を発揮して念願のメダルを手にすることは、いまでも私の望みです。どうぞ、これまで同様、植草選手を支援、応援していただきますよう、あらためてお願い申し上げます〉

 4月7日、香川氏がマスコミに宛てて送ったFAXにはこんな文言が並ぶ。

「全空連は4月9日にも私に処分を下す予定と聞いてます。ただ、私は自ら辞表を出して、強化委員長の職を辞す覚悟です。練習で竹刀を使ったことは事実やからね。もちろん、東京五輪は空手が正式種目となる最初で最後のオリンピックになるかもしれんし、一緒に頑張ってきた選手やコーチ陣を残して辞めることは心苦しいものがあります。でも、私が地位にしがみついとったら誰の得にもならん」

 週刊新潮の度重なる取材依頼に対し、重い口を開いたのは、当の香川氏本人だ。もちろん、植草選手が怪我をしたのは事実であり、彼女が告発したこと自体は咎められるべきではない。

 香川氏いわく植草選手のことは「娘のように可愛がってきた」。彼女のことを考えても、ここで身を引くべきだと考えたという。植草選手を最後まで指導することができなかったことに無念な気持ちを抱いているというが、唯一の望みは、植草選手ら日本代表がメダルを獲得することだ。

「私はもう指導できないけれど、陰ながら応援しています。十代の頃に出会って、ついこないだまで一緒に稽古してきたんやから、その親心は全く変わりません」

 4月8日発売の週刊新潮では、竹刀暴行事件の知られざる真相、香川氏のより詳しい独白について報じる。

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]