橋本聖子新会長「セクハラ問題」 高橋選手に被害意識がなくてもセクハラ成立の可能性あり 弁護士の見解は

国内 社会 2021年2月23日掲載

  • ブックマーク

「パワハラ」という解釈も成り立つ立場

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子参議院議員が選出された。前任、森喜朗氏の問題視された発言の性質から、「次は女性がいい」という声は当初から強く、早くから名前もあがっていたので、その点では意外性はないだろう。

 ただし、選出前から、そして選出後も消えないのが「セクハラ」問題である。...

記事全文を読む