法廷で「よっしゃー!」と喜んだ「アポ電」強盗犯 裁判官が見誤った“酌むべき事情”

国内 社会 2021年3月16日掲載

  • ブックマーク

 己の犯した罪と向き合おうとしない者を、法で裁くのには限界があるかもしれない。男は「アポ電強盗」に入り80歳の女性を死亡させた罪で起訴され、無期懲役を求刑されていた。だが、一審判決で懲役28年の有期刑を言い渡されると、人目をはばかることなく「よっしゃー!」と叫んだのだ。男を歓喜させた判決とは――。

 ***...

記事全文を読む