「井上靖」が「山崎豊子」に送った“凄絶な言葉”とは 作家の言葉は後世の人間にも影響

エンタメ 文芸・マンガ 2021年3月6日掲載

  • ブックマーク

井上靖の手紙にあった「橋は焼かれた」

 井上靖文学館学芸員の徳山加陽さん。昨年刊行された『地図で読む松本清張』(帝国書院刊)の編集に関わることを打診されたとき、ある文豪が残した一言に励まされ、前に進むことができたそう。

 ***...

記事全文を読む