読書家・柳亭小痴楽が語る「時代小説」の魅力 「高校中退の私でも楽しめる柔らかさ」

エンタメ 2021年2月8日掲載

  • ブックマーク

初めて読んだ時代小説は

 2019年に真打に昇進し、落語界の次代の担い手として期待されつつ、大の読書家としても知られる柳亭小痴楽氏。自身の本棚をさまよいながら、愛してやまない時代小説との出会いを思い返します。

 ***...

記事全文を読む