周東を超えるか…俊足ルーキー「五十幡亮汰」「並木秀尊」が残していた驚愕タイム

スポーツ 野球 2021年3月1日掲載

  • ブックマーク

「一流の俊足」とは

 昨年、日本シリーズ4連覇を達成したソフトバンクホークス。そのなかで、昨年大きく飛躍した選手の一人が周東佑京だ。シーズン前半は前年と同様に途中出場が多かったものの、夏場以降はスタメン出場が増えると、それに比例して盗塁数も増加。昨年10月には13試合連続盗塁という世界記録を打ち立て、最終的にはシーズン50盗塁で盗塁王のタイトルを獲得している。そんななか日本球界で“最高の脚”を持つ周東のライバルとなりうる“俊足ルーキー”が今年プロの門を叩いた。...

記事全文を読む