武器使用が可能になった中国公船に、26時間追い掛け回された石垣島“漁師”の怒り

国際 中国 2021年2月26日掲載

  • ブックマーク

 2月1日、中国海警局に武器使用を容認する「海警法」が施行された。2週間後の15日、石垣市議で漁師の仲間均氏(71)が漁船「鶴丸」に乗船、尖閣諸島周辺へ向け出漁した。目的の海域に到着すると、2隻の中国公船「海警」が待ち構えていた。その後26時間にわたって追尾された際の様子を仲間氏が語った。

 ***...

記事全文を読む