“フェイク慰安婦”の声があがり続ける、李容洙さん会見後の「大批判の声」とは

国際 韓国・北朝鮮 2021年2月22日掲載

  • ブックマーク

改めて「公式謝罪を」

 去る16日、慰安婦被害者とされる李容洙(イ・ヨンス、92)氏が記者会見を行った。長年、挺身隊、正義連の広告塔として活動してきたが、昨年には正義連元代表で国会議員の尹美香氏の悪事を暴露する会見を行い、その後、尹美香氏が起訴される事態に至った。今回の会見は正義連とは別の団体の支持を受け、「賠償はいらない、お金が目的ではない」として、「謝罪と国際裁判での決着」を訴えたものの、世間の反応は思いのほか冷たく、“フェイク慰安婦”などと呼ぶ声もあがっている。

 改めて李容洙さんは謝罪を求めているわけだが、日本がこれまで幾度となく公式謝罪を重ねてきたことに目をつぶるのだろうか。

 昭和天皇は「今世紀の一時期において,両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり,再び繰り返されてはならない」と1984年の全斗煥大統領歓迎の宮中晩餐会において謝罪されたし、明仁天皇は1990年5月24日に盧泰愚大統領を迎えた同じく宮中晩餐会で、「我が国によってもたらされたこの不幸な時期に,貴国の人々が味わわれた苦しみを思い,私は痛惜の念を禁じえません」とのお言葉を述べられた。

 しかし、昭和天皇のお言葉の「誠に遺憾であり」の部分は「誠実さに欠ける」、明仁天皇のお言葉は「全くの論外」と、韓国メディアは一蹴する形で報道してきた。

 河野談話や村山談話はもちろん、アジア女性平和基金が設立された際には小泉純一郎首相が慰安婦被害者へお詫びの手紙をしたためている。

 アジア女性基金による賠償については、日本国民からの拠出による「償い金」(一人一律200万円、総額約5億7000万円)、政府予算からの医療・福祉支援事業金(総額約5億1000万円)が、元慰安婦236人中61人に与えられた。

 また、2015年の慰安婦合意による賠償に関しては、47人中36人が合意に賛成して1人およそ950万円ずつを受けとっていた。

次ページ:「受け取りを拒否」求めた正義連

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]