肺がんで余命2年と宣告された医師の告白 「コロナは5類に。報道には虚しさを感じる」

国内 社会 2021年01月23日

  • ブックマーク

「一度きちんとした診察受けてみたら」と妻が言った。阪急電鉄六甲駅近くの「関本クリニック」の関本剛院長(44)は2019年夏ごろ咳き込むことが増えた。小児喘息の経験があり、大人になってからも空気の悪い場所で咳き込むことがあり、さして気にしなかったが「医者の不養生といわれるのも本意じゃない」とばかり検査を受ける。...

記事全文を読む