小林麻央さん、拒絶すべきだった「気功」の選択 根拠なきエセ医学の罪

芸能週刊新潮 2017年7月6日号掲載

■小林麻央さんの命を奪った忌わしき「民間療法」(下)

 先月22日に乳がんとの闘いの末に亡くなった小林麻央さん(享年34)のブログには〈あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉(9月4日)という言葉が綴られている。麻央さんのがんが発見されたのは2014年後半。だが、当初、放射線や抗がん剤を組みあわせる「標準治療」を受けることは拒んだという。

 その後、16年6月9日にスポーツ報知が病状を報じるまでの間の動きは判然としないが、「気功に頼っていたのです」と告白するのは、事情を知る関係者である。

...

記事全文を読む