「医療崩壊は回避できる!」「神の手」外科医が訴える「医療オールジャパン体制の構築を」

国内 社会 週刊新潮 2021年1月21日号掲載

  • ブックマーク

「炎上リスク」を負って提言

 医療崩壊が連日報じられた挙句、緊急事態宣言が出された日本。が、東京慈恵会医科大学で対コロナ院長特別補佐を務める大木隆生氏は「医療崩壊はしていない」と断言する。炎上リスクを覚悟の上で、現場を知る名医が行う提言とは。

 ***
...

記事全文を読む