ゴミ屋敷になりやすい職業4割はこういう人たち〈清掃人は見た! あなたの近所の隠れた「汚部屋」(2)〉

社会週刊新潮 2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号掲載

 ノンフィクション・ライターの福田ますみさんが、現代社会の陰で増殖中という「汚部屋(おべや)」の実態を描く。前回は、“壁という壁にゴキブリがぎっしり”なゴミマンションの様子や、“男性より女性の方が多め”という依頼者の実状を、清掃業者の証言から紹介した。

 ***

 清掃を依頼してくるのは一体どのような人たちなのか。その職業には、ある傾向が見られるようだ。

「ナースがダントツに多いな」

 と言うのは、ゴミ屋敷清掃と遺品整理の代行業「孫の手」の佐々木久史社長である。

...

記事全文を読む