米国レポートが二階幹事長を「親中派」と名指し 習近平の「反日演説」に媚びへつらい

国内 政治 週刊新潮 2021年1月21日号掲載

  • ブックマーク

 その男が笑顔を見せる時、良からぬことが起きる――。中国、韓国のトップと笑って握手するのは、我が世の春を謳歌する自民党歴代最長幹事長の二階俊博(81)。「汝、隣人を愛せよ」を地で行く図。だが融通無碍な二階の笑みの裏では、「国辱」が積み重ねられていた。

 ***
...

記事全文を読む