「闇営業芸人」が年末、地上波に復帰 明るい見通しは「田村亮」だけという現実

エンタメ 芸能 2021年1月12日掲載

  • ブックマーク

まだ厳しい世論

 12月28日深夜、フジテレビは「クイズピンチヒッター」を放送した。関東ローカルの深夜番組のため事前の注目度は低かったが、放送後には複数のネットメディアが記事を配信した。理由は宮迫博之(50)が出演したからだ。

 ***

 改めて振り返ると、芸人による闇営業問題は、2019年6月に発覚した。振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫や田村亮(48)が出席したとFRIDAYが報じたためだ。

 吉本興業は忘年会での仕事を、会社に報告しない「闇営業」で行ったとして、入江慎也氏(43)との契約を解除、入江氏は芸能界を引退した。

 これを発端としたその後の騒動は、多くの人が今も記憶に新しいだろう。特に19年7月、宮迫と田村が行った独自の記者会見は、文字通りの“国民的関心事”となった。

 あれから1年半が経ち、吉本興業や民放キー局は、闇営業問題は過去のものと考えているようだ。件の忘年会に出席した芸人の地上波復帰が相次いでいるのだ。

 例えば、冒頭で紹介した「クイズピンチヒッター」なら、出演していた田村淳(47)に「この人は大物だと思う知り合いとつながってください」という問題が出題された。

 すると田村淳は宮迫に電話。最初は留守電だったが、宮迫が折り返してきたため、テレビ電話での出演となったのだ。

 その一方で、田村淳の相方である田村亮は昨年4月、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列・23:15)で既に復帰を果たしている。

宮迫には“不信感”

 昨年末は“本格復帰”を目指したのか12月30日、「クイズ☆正解は一年後」(TBS系列)と「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅7 京都~姫路城」(テレビ東京系列)の2本に出演を果たした。

 宮迫と田村では、復帰の“実現性”に隔たりがあるようだ。民放キー局で番組制作に携わるスタッフが言う。

「田村亮さんは順調に復帰を果たしていく可能性が高いと思います。民放キー局の地上波で普通に姿を見ることができる日は、そう遠くないはずです。むしろ復帰成功は折り込み済みで、業界としては亮さんがレギュラー番組を持てるかどうかが関心事と言っていいでしょう」

 そもそも闇営業の問題が浮上する前から、田村亮は人気があった。更に記者会見での痛々しい姿に同情票も集まっていた。

 更に20年1月には、田村淳が「田村亮と吉本興業をつなぐための会社」と位置づけた株式会社LONDONBOOTSを設立している。

次ページ:田村亮への同情論

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]