「豊胸手術で下腹部が腫れ上がり…」被害女性が語る「品川美容外科」の手術トラブル

国内 社会

  • ブックマーク

 美容整形の世界では、二重瞼や鼻などの失敗例は枚挙に遑(いとま)がないと聞く。だが、豊胸手術を受けたら脇腹や下腹部がこぶのように腫れあがってしまった――。想像が及ばないような事例も現実に起きているという。

 ***

 福岡県福岡市に住む中国出身の女性(30)がその被害者。市内でリラクゼーションマッサージ店を営む彼女に経緯を聞いた。

「2018年の11月、品川美容外科福岡院でアクアリフトという手術を受けました。注射でジェル状の充填剤を入れるのですが、院長に、“5年ぐらいで自然に消えるけれど、切開してシリコンを入れるよりもずっと簡単”と言われたので選んだのです。このとき“アクアリフトは体内を移動する可能性がある”と説明されていたら、絶対にやりませんでした」

 手術代は100万円。左右の胸に200ccずつ入れたが、わずか1年で左右とも小さくなってしまう。

「それでも胸を大きくしたかったので、さらにシリコンを入れようと決めたんです。院長に相談したら、“アクアリフトが残っているけれど、手術時にキレイに取ります”と言われました。そして今年3月、アクアリフトの除去とシリコンを入れる手術を同時に行ったのですが、6月中旬、問題が起きました。左脇腹から鼠径部にかけて腫れてきたのです。特に太腿の付根が握りこぶしの親指側の側面ほどに膨れて、歩くことすらできなくなってしまいました」

次ページ:自粛を求める声明

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]