あの「ぱるる」が笑っていた…「バス旅」で振り返るAKBメンバー名場面集

エンタメ 芸能 2020年11月25日掲載

  • ブックマーク

 あの番組でぱるるが笑っていた。あのぱるるが、である。ぱるるとは、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーで“塩対応”で知られる島崎遥香のこと。そしてあの番組……というのは、今年9月23日にテレビ東京系で放送された「水バラローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅5函館~洞爺湖~小樽」のことである。言うまでもなく、この番組はテレ東が誇る人気企画“バス旅”の一つ。“ガチロケ”でお馴染みの番組にまさかのぱるるが参戦、しかも嫌な顔ひとつせずに笑っていたのだ。

 実はこのバス旅企画には、最近でも2代目AKB48グループ総監督を務めた横山由依が参戦するなど現役、OG問わずAKB関連のメンバーの出演が目立つのである。いかに多いのか、まずは簡単にまとめてみた。

(1)2016年11月26日放送「ローカル路線バス乗り継ぎの旅特別編静岡・熱海~石川・金沢」宮澤佐江(元AKB48/元SKE48)ゴール成功

(2)2018年6月16日放送「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z第6弾奈良・東大寺~岐阜・飛騨高山」大島麻衣(元AKB48)ゴール成功

(3)2019年11月13日放送「太川蛭子の旅バラ2時間SPバスVS鉄道乗り継ぎ対決旅盛岡~八甲田」西野未姫(元AKB48)鉄道チームのメンバーとして参加し、勝利

(4)2020年5月20日放送「水バラローカル路線バス乗り継ぎ対決旅~春の伊豆半島から富士山へ!路線バスで陣取り合戦!~」西野未姫(元AKB48)川崎麻世チームのメンバーとして参加し、勝利

(5)2020年7月29日放送「水バラローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅4能登の陣金沢~輪島」荻野由佳(NGT48)バスチームのメンバーとして参加し、勝利

(6)2020年9月5日放送「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z第14弾夏の北海道横断【ニセコ→知床】」北原里英(元AKB48/元SKE48/元NGT48)ゴール成功

(7)2020年9月23日放送「水バラローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅5函館~洞爺湖~小樽」島崎遥香(元AKB48)バスチームのメンバーとして参加し、勝利

(8)2020年10月21日放送「水バラローカル路線バス乗り継ぎ対決旅陣取り合戦2in房総半島」松井珠理奈(SKE48)太川陽介チームのメンバーとして参加し、敗北

(9)2020年11月11日放送「水バラローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅6~信州横断!紅葉の旅」横山由依(AKB48)

 バスチームのメンバーとして参加し、ここまで計9回に渡ってAKB48グループの現役メンバーやOGが出演していることが分かる。特に昨年11月13日に放送された「太川蛭子の旅バラ2時間SP」に西野未姫(元AKB48)が出演して以降、出演数が増えている。この回以降、今年11月11日までの約1年間のうちにバス旅関連の企画は全部で12回がオンエアされているが、そのうち7回も出演しているのだ。

 ここからは制作サイドがAKBメンバーを積極的にブッキングしようとする意図が見て取れる。というワケで今回はこれまでのバス旅における彼女たちの名場面を簡単に紹介しつつ、なぜここまで気に入られているのか? その理由を考察していきたい。

宮澤佐江、大島麻衣

 最初にメンバーが登場したのは太川陽介のバス旅ではなく、田中要次と羽田圭介の2代目コンビが旅をする「ローカル路線バス乗り継ぎの旅特別編」と「バス旅Z」第6弾である。前者では宮澤佐江、後者では大島麻衣がマドンナであった。田中&羽田コンビなら年長の田中が普通はリーダー格になるハズなのだが、サポート役に徹している感じだった。むしろ情報を聞き込む際など、随所で前線に顔を出す感じなのだ。では羽田がリーダーなのかというと、そうでもない。“リーダー不在”の状態である。だからなのか、積極的にルート選択に参加するなどしてチームを引っ張ったり(本来はゲストのハズなのだが)、ガッツのあるタイプのマドンナのほうが番組的にバランスが取れていて面白いのだ。もうひとつ付け加えるなら、ゴール成功率も高いように思われるほど。

 そこで「Z第6弾」で、マドンナを務めた大島麻衣である。岐阜県岐阜市で大きな決断を迫られた回で、関方面を目指すか、美濃方面を目指すのかという時のことだ。このとき、どちらを選択してもこの先のルートが繋がるという確信が持てないため、決断できないでいた田中に対し、彼女は半ばキレ気味にこう詰め寄ったのだ。「決め手がないと乗らないんですか?」「勝負かけていかないと進まないですよ」。それだけではない。さらに続けてこう提案したのだ。「(関方面の)医療大学の病院に行ったらいいんじゃないですか? コミュニティバス絶対通っていますよ」。迷う田中の背中を押す言葉であった。結局、羽田も賛同し、一行は関方面を目指したのだが、これが功を奏して、結果的にゴール成功となったのである。彼女の勝ち気でスパッとした性格が吉と出た。

次ページ:北原里英、そしてぱるる

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]