「ヤクルト山田哲人」7年40億・残留の舞台裏、「内川聖一」「ライアン小川」は?

スポーツ 野球 2020年11月22日掲載

  • ブックマーク

球団は2つの敵と戦っていた

 最長7年、総額40億円規模――。ヤクルトが、今季国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした山田哲人内野手(28)との間で進めている交渉の条件だという。残留は確定的で、実現すれば球界最長に並ぶこの大型契約の舞台裏とは。そして、ヤクルト入りが決定的とされる内川聖一内野手(38、ソフトバンクを退団)、そしてもう1人、FA権を獲得したヤクルトの小川泰弘投手(30)の去就についてもお伝えする。

 ***  ...

記事全文を読む