大型補強も結局、下位低迷…「楽天イーグルス」はなぜ強くならないのか?

スポーツ 野球 2020年11月11日掲載

  • ブックマーク

 今年のパ・リーグで本命のソフトバンクに次いで、前評判が高かったのが楽天だ。オフには鈴木大地、涌井秀章、牧田和久、ロメロと実績のある選手を次々と獲得。ソフトバンクには及ばないまでも、昨シーズンの3位以上の成績を狙えるという声は多かった。シーズン序盤はその期待通りにソフトバンクと首位争いを展開して、2013年以来のリーグ優勝への期待も高まっていた。ところが8月下旬から徐々に成績が下降して優勝戦線から脱落。10月以降は借金生活に入り、昨年を下回る4位でシーズンを終えた。...

記事全文を読む