伊藤健太郎の事務所に「タレント教育」と「危機管理」の欠如を指摘する声が上がるワケ

エンタメ 芸能 2020年10月31日掲載

  • ブックマーク

増長を許した事務所

 10月30日の午後8時すぎ、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が釈放された。スーツとネクタイ姿の伊藤容疑者は東京湾岸署の中から出ると、報道陣のフラッシュを浴びながら深々と一礼した。

 ***

「この度は自分が起こしてしまった事故のせいで、たくさんの方々に、ご迷惑をおかけしてしまったことを、深く反省しています。本当に申し訳ありませんでした。

 そして自分のせいでケガをしてしまった被害者の方々にもこれから僕自身、一生かけてつぐなっていきたいと思っていますし、これから、どのように償っていくべきか、しっかりと向き合って考えていきたいと思っています。この度は本当に申し訳ありませんでした」

 最後に「失礼します」と言うと、迎えに来た黒のワゴン車に乗って去っていった。

 伊藤容疑者が、ひき逃げの容疑などで逮捕されたのは10月29日。釈放されたものの、今後も高い関心を集めるのは間違いないだろう。

 これまでの報道を振り返ってみると、彼の“人間性”も批判されているのが興味深い。内容の一部と見出しをご紹介しよう(全角数字を半角にするなど、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)。

《先輩俳優もナメきっていて、あいさつをおろそかにするからこちらがヒヤヒヤする》

「ひき逃げ逮捕・伊藤健太郎容疑者に出るわ出るわ〝何様エピソード〟芸能界引退の危機」(東スポWeb:10月30日)

マネージャーと決別

《現在の事務所は、人気俳優に成長した伊藤容疑者に“戻ってきてもらった”という立場。強くモノを言える人がおらず、伊藤容疑者は王様状態だった》

「なぜ…『王様状態』だった伊藤健太郎容疑者 仕事順調も素行悪化 4月に“育ての親”と決別」(スポニチアネックス:同)

《18歳でモデルから俳優へと転身した後、売れっ子俳優へと導いたマネジャーと19年夏に“決別”してから歯止めがきかなくなったと見る関係者も多い。そのマネジャーは、口酸っぱく「役者は人間性が問われる仕事」と伝え続けた1人。だが、伊藤容疑者がその後、朝まで飲んで酒の臭いを漂わせながら現場に現れて周囲を仰天させたことは一度や二度ではないという》

「伊藤健太郎容疑者という男…『役者は人間性問われる』助言からも逃げていた 昨夏マネジャーと“決別”で甘えに拍車」(スポーツ報知電子版:同)

《彼はもともと、やんちゃな性格で、酒癖がもの凄く悪い。焼酎、ビール、シャンパンなんでもござれで、酔うと他の席にいる見ず知らずの客を相手にケンカ腰で絡みだしたり、一緒に飲んでいた仲間に何も言わずに、勝手に帰っちゃうことも》

「【ひき逃げ逮捕】伊藤健太郎『現場に戻り、飄々とスマホをいじっていた』恋人・山本舞香への献身の陰で危惧されていた“マイルドヤンキーな素行”」(文春オンライン:同)

次ページ:社長の兄は国会議員

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]