巨人のドラフト指名を蹴ったのは34名 1位を拒否した愛知の大学生投手も

スポーツ 野球 2020年10月15日掲載

  • ブックマーク

 10月26日に行われるドラフト会議。近年は入団を拒否する選手もほとんど見られなくなったが、草創期には、1965年の第1回ドラフトで、西鉄が指名した16人中13人が入団を拒否するなど、指名を蹴る選手も少なくなかった。それは人気球団の巨人も例外ではなく、昨年まで育成も含めて計34人が入団拒否しているが、うち29人がドラフト開始から最初の9年間に集中している。...

記事全文を読む