オリラジ中田「YouTube大学」の罪 「芥川賞・直木賞の問題点」はヒドすぎる

エンタメ 芸能 2020年10月3日掲載

  • ブックマーク

295万人が登録

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(37)は、2018年2月からYouTubeで「中田敦彦のYouTube大学」というチャンネルを運営している。

 ***

 自ら「教育系YouTuber」と称し、登録者数は10月1日現在、295万人。人気チャンネルと言っていいだろう。

 配信動画のジャンルは「政治・社会」、「経済・ビジネス」、「日本史」といった具合だ。「人気の動画」として紹介されているものから、3本のタイトルをご紹介する。

【1】《【創価学会①】~政党「公明党」を持つ宗教団体、そのルーツに中田が迫る~》

【2】《【古事記①】日本の神話が面白い~日本の成り立ちを知っていますか?~》

【3】《【世界史①】古代ギリシャ~天才アレクサンドロス、東へ~》

 ネット担当の記者が言う。

「中田さんは講師のようなイメージで、カメラに向かって1人で授業を行います。特に日本史や世界史を扱う動画は、塾や予備校の雰囲気に似ているかもしれません。

 タイトルを見て知的好奇心を刺激された方もおられるでしょうが、『YouTube大学』は内容に事実誤認があるという指摘が後を絶ちません」

中学レベルの誤り

 SNSはもちろん、大手出版社が運営するニュースサイトも、動画における誤りを指摘する署名記事を配信している。そのうち2本のタイトルと筆者をご紹介しよう。

◆20年1月19日:文春オンライン(文藝春秋)
「オリラジ中田敦彦を『フェイク問題に警鐘を鳴らす芸能人』扱いしたNHKの罪 『YouTube大学』問題の核心は、内容の誤りではない」(石動竜仁)

◆20年2月17日:マネー現代(講談社)
「大炎上『オリラジ中田のYouTube大学』なぜ人は信じ込んだのか? 『勉強した気にさせる』体験の是非」(古田拓也)

 どれほど動画の内容が酷いのか、石動氏は《中学レベルの誤り》すら散見されると指摘している。該当部分を引用させていただく。

《中田の間違いは洒落にならないほど多く、「満州事変で張作霖が爆殺された」など、中学レベルの誤りすらある(張作霖が爆殺されたのは、張作霖爆殺事件、または満州某重大事件である)》

次ページ:賞は書店の敵!?

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]