「日本人女性」が遭遇した奇怪で詐欺のような「国際結婚」の悲劇について

国内 社会 2020年9月19日掲載

  • ブックマーク

岸恵子、山口淑子、淡路恵子、雪村いづみの共通点とは?

 戦後、日本に駐留した米国軍人と結婚、渡米した「戦争花嫁」は10万人を下らないと言われる。その後も国際結婚に憧れる日本女性は後を絶たず、中には「イエロー・キャブ」と蔑まれながらも、そのまま彼の国に居着く女性も少なくなかった。今は昔ではあるけれど、国際結婚にはどこか無理があり、そのかなりが惨めな結果に終わるという実例をお届けしようと思う。

※2001年7月26日号に掲載された記事を再編集したもので、肩書や年齢は当時のママです。

 ***...

記事全文を読む