「加山雄三」の母、「板東英二」の妻も…民間に流出した「旧華族」の血

国内 社会 2020年9月5日掲載

  • ブックマーク

皇室が一大財閥であることを知らされた国民の間に…

 昭和22年、GHQの皇室改革によって11の宮家が皇籍を離脱、華族制度も廃止され、戦前の特権を失った人々は「没落貴族」と評された。その結果、彼らは否応なしに「平民」との自由な「血の交流」を始めることになった。「ごきげんよう族」と呼ばれた人々の戦後は、高貴な血を引く女性たちの解放の歴史でもあったのだが、これを主としてその情熱の面から辿ってみた。

※2001年6月28日号に掲載された記事を再編集したもので、肩書や年齢は当時のママです。

 ***...

記事全文を読む